歯周病|北九州市八幡西区の歯医者「栗田歯科医院」

経験豊富なインプラント専門医

menu

歯周病

歯周病は身体の健康を損ないます

歯周病は、細菌の感染によって歯周組織が炎症を起こしてしまう病気で、日本人の約8割がかかっている、もしくは予備軍であるといわれています。初期段階では自覚症状はほとんどないため、知らず知らずのうちに進行していることも珍しくなく、対処が遅れた場合、歯を失ってしまうこともある恐ろしい病気です。そのため、歯周病のリスクから歯を守るには日頃からのセルフケアに加え、定期検診による口腔内環境のチェックとプロケアも非常に重要です。北九州八幡西区の歯医者「栗田歯科医院」では、適切な歯周病治療で皆様のお口の健康をサポートしています。

全身に影響を与える歯周病

冠状動脈性心疾患
歯周病菌が血管を通って冠状動脈に達すると、血管を詰まらせる血管付着物の生成を促進し、心臓の障害を発生させてしまいます。これにより、心疾患の発症率が1.15~1.24倍高まるといわれています。
糖尿病
歯周病と糖尿病は相互に悪影響を与えることがわかっています。糖尿病の人は歯周病になりやすく、歯周病の人は糖尿病を重篤化させやすくします。
誤嚥性肺炎
歯周病菌を含んだ唾液が気管に入り込み、肺に感染することで起きる肺炎です。介護を受けている高齢者に多く、口腔ケアを行うことで発症率が下がるというデータもあります。
骨粗しょう症
骨粗しょう症は、骨量が減少して骨がもろくなる症状ですが、歯周病による歯の喪失と骨密度の現象に関連性があるという報告があります。骨粗しょう症の人は歯周病の進行が早まるというデータもあります。
早産・低体重児出産
妊娠すると、ホルモンバランスの変化により歯周病になりやすい状態になります。歯周病菌が血管に入り込むことで子宮収縮が引き起こしやすくなり、早産のリスクが高まります。歯周病にかかっている妊婦さんの低体重児出産リスクは、そうでない人の約.4.3倍にもなるといわれています。

このような方は要注意

以下に該当する方は、高い歯周病リスクを抱えている可能性がありますので、十分な注意が必要です。

喫煙者

タバコのニコチンは歯ぐきの血管を収縮させ、酸素や栄養分の供給を滞らせます。また、同時に免疫細胞の働きを鈍らせて抵抗力も退化させてしまいます。これにより、歯周病を発症させやすくしたり、進行させやすくしたりします。

食べ物をよく咬まずに飲み込む方

食べ物を十分に咬まずに飲み込むと、唾液の分泌量が減り口腔内の自浄作用が弱まってしまいます。お口が歯周病菌の繁殖しやすい環境になるため、歯周病のリスクが高まります。

間食が多い方

間食が多い場合、口腔内に食べ物がある状態が長くなり、歯周病菌が繁殖しやすい環境になります。間食のほか、長い時間をかけて食事をする「だらだら食べ」をする方も要注意です。

ストレスをためやすい方

ストレスや疲労は、免疫力の低下につながります。歯周病をはじめとする感染症にかかりやすくなるため、適度なストレス解消、疲労回復が必要です。

歯周病の症状と治療方法

歯周病の症状は大きく3段階にわけられます。こちらでは、各段階の症状と治療法をご紹介します。
軽度歯周病

症状 初期段階の歯周病で歯肉炎とも呼ばれます。痛みはほとんど感じません。軽い炎症が起きているため、ブラッシング時に歯ぐきから出血することがあります。
治療法 ブラッシング指導 患者様の症状に適したブラッシング方法を指導します。
スケーリング スケーラーという専用器具を用いて、歯に付着したプラークや歯石を取り除きます。
中等度歯周病

症状 歯ぐきに炎症を引き起こし、顎の骨も溶け始めている状態。歯ぐきが赤く腫れ、口臭などが気になりだします。歯がぐらつくこともあります。
治療法 ルートプレーニング 歯周ポケットの中に隠れたプラークや歯石を取り除きます。最後に歯の表面を滑らかにする処置を施し、汚れの再付着を防ぎます。
フラップ手術 麻酔をしたうえで歯ぐきを切開し、歯周ポケットの奥深くに付着した歯石を取り除きます。
重度歯周病

症状 すでに半分以上の顎の骨が溶かされている状態です。歯の痛みやぐらつきがひどくなり、口臭も強くなります。
治療法 GTR法 歯周病菌に冒された箇所をメンブレンという特殊な膜で覆い、歯周組織の再生を促す処置を行います。
エムドゲイン法 歯周病菌に冒された箇所にエムドゲインゲルという特殊な薬剤を注入し、歯周組織の再生を促します。

診療時間 平日09:00~12:00/14:00~18:00 土09:00~12:00 日・祝 休診

Copyright © SAIEIKAI KURITA DENTAL OFFICE All Rights Reserved.