小児歯科について|北九州市八幡西区の歯医者「栗田歯科医院」

経験豊富なインプラント専門医

menu

小児歯科

乳歯の虫歯は永久歯の健康に影響します

大人の歯(永久歯)に比べて、こどもの歯(乳歯)は虫歯になりやすいことをご存知でしょうか? 乳歯は永久歯よりも柔らかく、虫歯菌に感染すると症状の進行が早いのです。また、乳歯の虫歯はその後に生えてくる永久歯の状態に影響を及ぼします。「どうせ生え代わるから治さなくていい」というのは、とても危険な考えです。

ここでは、北九州市八幡西区の歯医者「栗田歯科医院」の小児歯科についてご説明します。

「食育」でこどもの虫歯を防ぐ

食事を通じて、こどもに食べることの大切さを教えることを「食育」といいます。ちいさなこどもには、バランスのよい食生活を行うだけの経験も知識もありません。保護者の方が率先して、こどもに正しい食育を行ってあげることが大切です。

子供を虫歯から守るための3つのポイント

食事やおやつの時間は規則正しく

食事の直後は口腔内が酸性になり、やがて時間が経過するとアルカリ性に戻ります。食事やおやつの時間を決めずにだらだらと食べ続けていると、口腔内が常に酸性となり、虫歯になるリスクが高くなります。そのため、食事やおやつの時間はしっかりと決め、規則正しい食生活を心がけましょう。また、食後にはしっかりとブラッシングをして、虫歯菌が繁殖しないようにすることも大切です。

こどものブラッシングは保護者のしごとです

こどもはまだ上手にブラッシングをすることができず磨き残しができやすいため、ブラッシングの仕上げは保護者の方がやってあげてください。

また、保護者の方も正しいブラッシングの方法を知らないことも少なくありません。当院では、定期検診の際にブラッシング指導を行っておりますので、不安な方は当院までお越しください。

歯質を強くする

虫歯の原因は、甘い物の食べすぎや磨き残しによる虫歯菌の繁殖。ブラッシングできちんと虫歯菌を除去することも大切ですが、歯質を強くすることで虫歯になりにくくすることも重要です。歯の再石灰化を促すフッ素塗布は、こどもの虫歯予防に最適です。ご要望のある方は、当院までお気軽にご相談ください。

当院の小児歯科メニュー

当院の小児歯科では、こどもの口腔内環境に合わせた専門的なメニューをご提供しています。

ブラッシング指導

大人と比べて歯質が柔らかいこどもの歯は、力いっぱい磨くと簡単に傷ついてしまいます。歯に傷がつくと食べかすがたまったり、細菌が集まりやすくなるため、適切な力加減でブラッシングすることが虫歯予防につながります。当院では、こどもと一緒に保護者の方にも正しいブラッシングの方法をご説明します。ご家庭でのブラッシングにお役立てください。

シーラント

乳歯から永久歯に生えかわったばかりの奥歯には、小さな溝がたくさんあります。この溝に食べかすや細菌がたまってしまうと、ブラッシングではなかなか掃除できません。そこで、当院では歯科用プラスチック(レジン)でこの溝を埋める「シーラント」という処置を行っています。

フッ素塗布

歯の再石灰化を促す効果のある、フッ素を歯の表面に塗布することで、虫歯に強い歯をつくります。生えてから2年以内の乳歯への塗布は特に効果が高く、定期的にフッ素塗布を行うことで虫歯リスクを軽減できます。

過剰歯の抜歯

過剰歯とは、本来生えそろう28本(親知らずを含めると32本)とは別に生えてくる歯のことです。生え方や位置によって、他の歯の成長を妨げたり、ブラッシングの邪魔になって虫歯の原因になったりします。その場合、適切なタイミングで過剰歯の抜歯を行います。しかし、他の歯に影響がない場合もあり、抜歯をしないこともあります。こどもの過剰歯にお悩みの方は、当院までご相談ください。

診療時間 平日09:00~12:00/14:00~18:00 土09:00~12:00 日・祝 休診

Copyright © SAIEIKAI KURITA DENTAL OFFICE All Rights Reserved.