口腔外科|北九州市八幡西区の歯医者「栗田歯科医院」

経験豊富なインプラント専門医

menu

口腔外科

親知らずの抜歯や顎関節症の治療にも対応

北九州市八幡西区の歯医者「栗田歯科医院」では、虫歯や歯周病の治療・予防はもちろん、親知らずの抜歯や顎関節症の治療などにも対応しています。激しい痛みや不快感、日常生活に支障がでるような重い症状でも、豊富な経験と知識を生かして最善の治療法をご提案しますので、お気軽にご相談ください。

当院の口腔外科メニュー

親知らずの抜歯

親知らずは、真っ直ぐ生えていて痛みや違和感がなければ無理に抜歯する必要はありません。しかし、真横に倒れて生えたり、歯肉に埋伏して生えたりなど、異常な生え方をしている場合には、他の歯を圧迫して成長を妨げたり、腫れや膿の原因になったりなど、トラブルの原因になりがちです。そのため、正常な位置や向きに生えていない親知らずは、なるべく早く抜歯することをおすすめします

親知らずを抜いたほうがいい症例
  • 短期間(1~3ヶ月)で痛みや腫れを繰り返す
  • 食べかすが挟まりやすく、親知らず周辺の歯が虫歯になりやすい
  • 親知らずが虫歯になった
  • 歯並びに影響がでる
  • 上下片方しか生えておらず、咬み合わせのバランスが崩れる
親しらずを抜かなくてもいい症例
  • 痛みや腫れなどの症状がでていない
  • 痛みや腫れが単発的で、生え方が正常
  • 奥歯が抜けてしまった場合、ブリッジの土台として使える
顎関節症の治療

顎関節症は、特に女性の方に多い症状です。咬み合わせが悪くなったり、顎が痛んだりといった症状が主で、治療せずに放置していると口がまったく開かなくなってしまう危険性もあります。顎関節症の治療では、痛みや炎症を抑える「薬物療法」と顎関節の負担を軽減して悪化を防ぐ「スプリント療法」が一般的です。

当院では、日本顎咬合学会から認定を受けた咬み合わせ認定医の院長が、患者さん一人ひとりの状態にあわせた最善の治療法をご提案しています。

歯の移植(歯牙移植)

歯牙移植とは、虫歯や歯周病などの治療における抜歯の際、抜いた歯の代わりに親知らずを移植することで、歯の機能を回復させる方法です。インプラントやブリッジと違い、患者さん自身の歯を使うためアレルギーなどの心配がなく、生着しやすいというメリットがあります。しかし、抜いた歯と親知らずでは形や大きさが異なり、細かい調整が必要となるため、専門的な知識や経験が求められる施術です。

歯の再植

歯の再植とは、虫歯に感染した重度の歯を抜いて病変部を取り除き、再び同じ場所に植え直す治療法です。歯の先端に薬剤を詰めて、細菌の侵入や再発を防ぐ処置を行います。歯の形や大きさが同じなので歯牙移植に比べると難易度が低く、生着も早い治療法です。

当院の口腔外科メニュー

栗田歯科医院では10枚法を採用し、より正確な歯の状態を把握しています。10枚の様々な角度から撮る写真は、治療の時にも参考になりますし説明する際にも役に立ちます。

診療時間 平日09:00~12:00/14:00~18:00 土09:00~12:00 日・祝 休診

Copyright © SAIEIKAI KURITA DENTAL OFFICE All Rights Reserved.