審美歯科|北九州市八幡西区の歯医者「栗田歯科医院」

経験豊富なインプラント専門医

menu

審美歯科

銀歯を美しく白い歯に

虫歯治療で入れた銀歯が気になって「楽しく会話ができない」「人前での食事に抵抗がある」といったお悩みを抱えている方は、審美歯科にご相談ください。白い歯の中で目立つ銀歯をセラミック製の白い詰め物・被せ物に変えることで、見た目はもちろん、咬む機能も大幅に改善することができます。北九州市八幡西区の歯医者「栗田歯科医院」の審美歯科では、患者様のご要望・ご予算に適したプランをご提案しています。

銀歯のデメリット

もっとも一般的な虫歯治療法もひとつとして広く知られている銀歯。高い強度があり安価であるというメリットがある一方で、多くのデメリットも存在します。

見た目が不自然
金属を使用しているため白い歯列の中で目立ちやすく、見た目が不自然になりがちです。
金属アレルギーのリスクがある
長期間口の中にある銀歯からは、金属イオンが溶け出し、少しずつ体内に蓄積されます。これにより、肌荒れなどの金属アレルギーを引き起こす可能性があります。
歯ぐきが黒ずむ
溶け出した金属イオンが歯ぐきに付着し、黒ずんでしまうことがあります。
虫歯のリスクが高まる
時間が立つにつれて、治療した歯と銀歯の間に隙間にでき、そこへ細菌が入り込むことで再び虫歯になることがあります。これを二次カリエスといいます。

当院での取り扱いメニュー※費用はすべて税抜

素材 概要 費用
(1本あたり)
オールセラミック 透明度が高く天然歯とほとんど変わらない色や質感を再現可能。変色しにくく耐久性が高いことも特長です。メタルフリー(金属不使用)なので金属アレルギーの心配はありません。 95,000円
メタルボンド 金属の素材にセラミック素材を焼き付けた被せ物です。金属を使用することで強度を高めているため、奥歯など強い負荷がかかる部分に使用できます。その半面、金属の色が透けてしまう、金属アレルギー反応が起きるなどのリスクがあります。 95,000円
ラミネートベニア 歯の表面のエナメル質を薄く削り、そこへシェル状の薄いセラミックを接着して、色や形、隙間などを改善する方法です。ホワイトニングで白くできない方や歯の隙間を改善したい方におすすめです。 90,000円
ジルコニア 人工ダイヤモンドの素材としても使われる、最高品質の素材。オールセラミックよりも自然な仕上がりが期待でき、強度を必要とする奥歯にも使用できます。 95,000円
e-max
(イーマックス)
ニケイ酸リチウムガラスセラミックを主成分にしたセラミックで、強度が強い、変色しにい、汚れがつきにくい、虫歯になりにくい、といった特長があります。 95,000円
ハイブリッド
セラミック
クラウン
セラミック微粒子と歯科用プラスチックを混ぜた新しい素材。天然歯に近い咬み心地で変色しにくいのが特長です。また硬さが適度なため、咬み合う歯を傷めにくいいうというメリットもあります。 75,000円
ゴールドクラウン 素材に金合金や白金加金などの金属を使用した被せ物。見た目は銀歯とさほど変わらないものの、しなやかで適合がよく、細菌もつきにくく長持ちするという特長があります。また、金属アレルギーのリスクもほとんどありません。 75,000円
AGCガルバノ
クラウン
純金の素材にセラミック素材を焼き付けた被せ物です。内側に純金を使うことで、透けて見えても自然な色合いで目立ちにいこと、金属アレルギーが起こりにくいことが特長です。 120,000円

診療時間 平日09:00~12:00/14:00~18:00 土09:00~12:00 日・祝 休診

Copyright © SAIEIKAI KURITA DENTAL OFFICE All Rights Reserved.